こんにちは。イトウです。

あなたは今、もしくは今までにダイエットをしたことがありますか? 世の中には日々様々なダイエット方法が紹介されており、「○○を食べると痩せる」「脂肪を燃やすなら○○!」といった言葉をテレビやネットで目にしますが、どれが正しいダイエットなのかわからなくなっています。

今回は私ライターのイトウが過去に挑戦したダイエットについて、失敗談を中心に紹介したうえで、正しいダイエット方法についても紹介します。

スポンサーリンク

体重が落ちればダイエット成功ではない!無理に落としてもリバウンドする

私は幼い頃から食べることが好きで、肥満体型に悩まされていました。でもさすがに小学生の頃はダイエットなどは一切考えず、太っていても全く問題ないと思ってたんです。

しかし中学生になり、友人に彼女ができ始めると私も焦りを感じるように。そこから少しずつ体重のことも気にしはじめ、中学2年の頃に人生初のダイエットに挑戦しました。

当時の考えとしては、ダイエット=体重を落とすことという考えのでしたので、ダイエットというよりかは、食事をほとんど摂らないという「修行」を行っていたという方が正しいような気もしますが……

それ以降も中学を卒業するまでに、太る→無理やり体重を落とす→リバウンドする→また落とすを繰り返していました。

無謀なダイエットでリバウンドして生活習慣病予備軍へ

中学卒業後、高校は野球部に所属していたことから、高校3年の夏まではそれなりに引き締まった体型を維持できていました。しかし、引退して受験勉強に入ると運動習慣がなくなり、あっという間に肥満体型に逆戻り。

大学入学時には健康診断でとうとう

医者
キミ、生活習慣病予備軍だね

と宣告されてしまう始末。いよいよ笑えない状況にまできてしまったんです。

「痩せる」に執着しすぎると健康にも被害が及ぶ

健康診断での結果ももちろんですが、大学生にもなると今まで以上に女子のことを意識しはじめますので、それも相まって再びダイエット生活に突入しました。大学にはジムがあったので筋トレを行うことにしましたが、筋肉を付けることよりも、とにかく脂肪をなくすこと、お腹を引っ込める事がメインテーマに。

そこで、筋トレの他にも有酸素運動を取り入れることを決意。自宅に帰ってからジョギングをすることを日課としており、夏場でも長袖、サウナスーツという恰好で長時間黙々と走るという日々を繰り返していました。

「痩せるには汗をかかないとダメだ」という思い込みの下、少しでも汗をかくように厚着をし、気持ち悪くなりながらも毎日毎日必死に走り続けたイトウ。今思いだすだけでも危険というか、気の毒というか、それだけ追い込まれていたんだなあと思ってしまいます。

ちなみに夏場は水分不足によりしばしば寝ている時にふくらはぎがつっていましたので、寝不足になることもしばしばありました。

食事制限で制限するのは「食べること」ではない

運動だけではなく、食事制限も徹底していました。

「食べなければ痩せる!」という過去の経験に基づき食事をほとんどとらず、少し小腹が空いたらチョコレートを食べるといったようなことをしており、基本的にまともな食事は摂らずという、運動と同様にストイックなのか無謀なのかよくわからない方法を採用。

ちなみにチョコレートを食べていた理由は「持った感じが軽いから食べても太んないだろう」というもはや意味不明な理論でした。

病的に徹底した糖質制限によって文字通り病的な症状まで

「食べることは悪。水すら飲んだら太ってしまう」という、もはや強迫観念のようなものにも駆られ、空腹と戦う日々。特に糖質は悪という考えの下(その割にはチョコは食べていましたが……)、とにかく米や麺類、パンは一切食べずの生活を続けてたんです。

糖質を摂らないことで毎日ふらふらしたまま大学に通い、また朝は強烈な眠気が抜けず、授業中に眠ってしまうことがよくありました。また、寝ている時によく米やパンを大量に食べてブクブクに太る夢をよく見ており、目が覚めて夢と気づき安心するという症状まで現れはじめ、いよいよ危険な状態だなと思い始めたイトウ。

しかし一度始めたダイエットをやめることなどできず、そのまま茨の道を進み続けることに……

食事自体を制限したことでタンパク質も摂れない

糖質だけではなく、とにかく食事全体をほとんど食べていなかったので、タンパク質も摂取していませんでした。「肉なんか食べたら太るだけだ」と思い一切食べず、筋トレ後にもプロテインを飲むことすらせず。

今考えると本当にめちゃくちゃな理論ですね。

体重だけ無理に落としても体質が変わらなければ戻るのは一瞬

そんなダイエットを約3か月行った結果、体重は10kgほど落ち、腹筋は割れ、顔もスッキリとし、見た目には大成功といえるものでした。

見えないゴールと外れたブレーキ

しかし、ある程度の目標を達成した後も今までの食生活や運動を行わなければこの体型をキープできないのか? と考えると憂鬱な気分になり、体重計に乗って体重を確認することだけが生きがいになっていました。

その後、家族で旅行に行く機会があったんです。そこでも食事制限をするつもりでいましたが、旅先で入った寿司屋で寿司を食べた瞬間、ブレーキが遂に壊れてしまいました。

1回食べ始めるともう止まらず、それ以降は何をどれだけ食べたか記憶にないくらいただただ食べ続ける。その結果、2泊3日の旅行で体重はなんと7kg増

3か月かけて10kg落とし、3日で7kg増です。信じられますか?

間違っていたダイエット方法。問題点と修正点を見直す

一度外れたブレーキは簡単には直りません。結局減らした体重は見事に元通り。

改めて私の当時のダイエットを振り返り、問題点を見ていきます。

筋肉が落ちると代謝が下がり、痩せにくくリバウンドしやすい体質になる

まずは運動編。日々の有酸素運動を行うこと自体は脂肪燃焼効果もあり、ダイエットに寄与はしていたものの、それにより筋肉がどんどん減少していました。

筋肉の減少は代謝のダウンにつながります。代謝が下がればそれだけ痩せにくく、リバウンドしやすい体質になっちゃいます

痩せようと思って行っていた有酸素運動が、実は裏目に出てたんですね。

次に食事について。

ここでもやはり食事をほとんど摂っていなかったことにより、脂肪とともに筋肉がどんどん減っていき、代謝は悪くなる一方。
せっかく行っていた筋トレですが、栄養を摂取していないから筋肉が育つはずもなく、むしろどんどん減っていく始末。

まさに、「リバウンドするためのダイエット」を行っていたといえます。

シンプルに痩せる体質を作り、長期的に体脂肪を落とす

この経験を活かし、正しいダイエット方法を身に付けることを決意しました。まず、短期的に大幅に体重を落とすという目標は捨て、長期的に少しずつ絞っていくということを目指すことに。

また、ダイエットにおいて意識した数字は体重ではなく体脂肪。筋肉が増えれば体重が増えるのは当然ですので、いかに体脂肪が減ったかを確認するようにしました。

ダイエットは筋トレ中心。食事もしっかりとる

筋肉を増やすためには、当然ですが筋トレをしっかりと行い、またタンパク質の摂取も積極的に行い、適度に炭水化物の摂取も行っていました。有酸素運動については量を減らし、行う際には筋トレの後に20分ほど走ったりバイクをこぐといった程度に変え、汗の量も意識せず。

こうして筋トレにより筋肉が付くにつれ、引き締まった体型を維持できるようになり、たまに飲み会や外食などで羽目を外しても、1日程度の暴食であればすぐに体型を戻せるようになりました。

テレビCMやネットでは「飲めば痩せる」といったようなサプリメントの情報や、最新の簡単ダイエット方法が紹介されていますが、どれも怪しいものばかりです。引き締まった体型をキープできるようにするためには、結局のところ筋トレを行い、バランスの取れた食事を心がけるというシンプルな方法につきます。

筋トレを行うことのメリットは別記事にてまとめています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は私の体験談に基づく間違ったダイエット方法を紹介してきました。結局のところ、正しいダイエットはシンプルなものであり、もしかしたら斬新なダイエット方法を知ることが出来ると思われた方はがっかりされたかもしれません。

しかし、基本こそが王道であり、ダイエットにうまい話はないと思ってください。むしろ、正しい努力をして自分が変わっていくことで自信が生まれ、それが仕事や学業やプライベートにプラスの影響をもたらすことだってあります。

今回の私の失敗を参考にして、是非正しい方法でダイエットを楽しんでください。正しい努力をして変わっていく自分を見るのは最高に楽しいですよ!

それではまた。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事