【SONYα7III購入】初心者がフルサイズのミラーレス一眼レフカメラをポチってしまった理由

つ、ついに買ってしまいました。これを。

発売前からあちらこちらで「ヤバいヤバい」と。発売後にもあちらこちらで「ヤバいヤバい」と。

何がそんなに「ヤバいヤバい」なのか、カメラ初心者の僕には全くわかりませんでしたが……買ってしまいました。マジでカメラの世界怖すぎ、ブロガー怖すぎ、YouTuber怖すぎ。……でも届いてめっちゃ嬉しい笑 ちくしょー笑

こうなったらみんなも道連れにしてやる!!

スポンサーリンク

SONYα7III購入

買ってしまったのはこれです。このカメラです。

メーカーはソニーで、ミラーレス一眼というタイプのカメラですね。ミラーレスと普通の一眼レフとの違いとかは、よくわかってないので専門家のブログを見てください。

とにかくめっちゃ「ヤバいヤバい」なカメラらしいということは確かです。僕はね、ぶっちゃけ全然カメラのことなんてわからないんですよ。

なのに買ってしまいました。なぜか。ご説明(言い訳)しましょう。

α7IIIをポチるために言い聞かせる理由と交渉用の言い訳

まず皆さんはカメラってどんな時に使います?

  • どこかへ出かけた時に見た良い感じの景色を残したくて
  • 美味しいものを食べに行った時の記録として
  • 愛する猫さまの写真を撮りたくて
  • その他、ブログやSNSの投稿用として

僕の場合はこんなところです。でもこれらなら全部iPhone(スマホ)でできますよね。

ただね、「できるならもっと綺麗に、いい感じに」という欲が出てくるわけですよ。しかも僕の場合は、ホームページやブログ、SNSといったネットでブランディングし、集客に繋げる仕事をしているわけですから、コンテンツのクオリティは重要なんですよね。

皆さんもそうでしょう?経営者として、店舗マネージャーとして、フリーランスとして、ブロガーとして、インフルエンサーとして、ネットで発信する内容は、画像も映像も文章も内容も大事だと思いませんか?

ですので「iPhoneでは撮れない写真や映像を撮れるもの」の購入はブランディングのための投資とも言えます。物は言いようですねー笑

「カメラは面白い」と思わせてくれたα5100とα7III

僕に「カメラって楽しい」と思わせてくれたのは、同じくソニーのミラーレスカメラ「α5100」という機種です。初心者にとって一眼レフカメラの醍醐味といえば「ボケ」ですよね。

今ではスマホの機能も進化して簡単に背景ボケを楽しめるようになりましたが、僕がこのカメラを買った当初(2016年8月頃)は、まだスマホにポートレートモードといった機能は搭載されていませんでした。それがこのカメラで試しに撮ってみたら簡単にボケるじゃないですか。

View this post on Instagram

 

野口 銀河さん(@ginga_noguchi)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

 

野口 銀河さん(@ginga_noguchi)がシェアした投稿 -

F値とかISO感度とか何もわからないから、当然「おまかせ(AUTO)モード」でした。一眼レフって「なんか難しそう」って勝手に思ってたし、「背景ぼかすにはテクニックがいるもの」だと思ってました。

だから簡単に背景ボケの写真が撮れて「おー!めっちゃ楽しー!」ってなったわけです。

α5100の不満点・デメリット

α5100の細かな話はまた別の機会にしようと思いますが、使い込んでくるとやっぱり多少の不満点が出てきます。僕の場合は以下の通り。

  • 電子ファインダーがない
  • ホットシュー(ストロボや外部マイクを装着できる端子)がない
  • ボディ内に手ブレ補正がない
  • 動画の撮影中はすぐに熱暴走で撮影が停止する

こんな感じ。購入前は一切気にもしなかった部分です。

ファインダーなんて背面液晶があるからいらないと思ってたし、ストロボや外部マイクなんて使うつもりもなかったし、手ブレ補正も気にしなかったし、熱暴走なんて言葉さえも知らなかった。でもね、何年も使ったり、「動画撮ってYouTubeにアップしてみようかなー」とかやり始めると不満に思ってくるものなんですねー。

α7IIIにたどり着くまでに沼と迷宮にハマる

α5100から別の機種に買い換えたいなと考え始めた時、僕はカメラの世界が「沼」だとは知りもしませんでした笑 ほんとなんとなく、ただ気軽に「何かいい機種ないかなー」と、「ただ、できればコスパが良くてもう少し本格的なやつがいいなー」とネットで調べてみただけ。

一眼カメラといっても本当にたくさんのメーカーからたくさんの機種が出ています。ただ、僕の場合は「動画」と「暗所(夜景)」に強くて、できる限り軽量で旅に持って行きやすいようなカメラが良かった。

α5100には上位機種のα6500というモデルもあったし、名だたるYouTuberが多く使っているパナソニックのGH5なんかもいいなと思ったし、ほんと沼というか迷宮でした。

ブロガーとしてなのかYouTuberとしてのカメラなのか

僕はブログはもう10年ぐらい続けているけど、YouTubeはちょっと前にとりあえずでアカウントを作ってみただけ。文字を書くのが好きだし、Webデザイナーとしてホームページ制作やネット集客のサポートをしています。

なのでカメラを調べる時もググってブログや価格.comを見て情報を集めていました。でもどこかでなぜか急にYouTubeで調べてみたことがあったんですよね。

それまでYouTubeなんて全くみたことなかったし、

  • ヒカキンも
  • はじめしゃちょーも
  • ヒカルも

誰も知りませんでしたし、見ようとも思わなかった。でも調べてみると「写真家」や「カメラマン(ウェディングなど)」と「YouTuber」や「映像クリエイター」などではカメラの使い方も、求める性能も全然違ってることに気づいたし、YouTuberが使ってるカメラの方が僕の求めているものに近い気がしてきたんですよね。

僕に「α7IIIが欲しい・欲しい」と思わせまくったYouTubeチャンネル3選

α7ⅲ 到着初日撮影 & ファーストインプレッション / のりごとー

いろいろとYouTubeを見てはいたけど、今ひとつ「面白い」っては思えず、本当に情報収集のためだけに見てる感じでした。でもこの方の動画を見たときの編集がすごく好きで、初めて他にアップされてる動画見て(しかも1日に何本も)、初めてチャンネル登録しました。

僕が初めて知った時はα6500を使ってて、僕も「6500いいなー」という感じでしたが、7III発売と同時に乗り換え。

【SONY】α7ⅲ購入と開封!明けましておめでとうございます。 / ビートないとー / Beat Naito

先の「のりごとー」さんの友人らしき「ビートないとー」さん。この方の編集もすごく好みで一気に惹かれました。

のりごとーさんと同じα6500ユーザーで、のりごとーさんがα7IIIに買い換えてもしばらく6500を使ってましたが、先月ついにα7IIIに乗り換え。ここでさらに揺れ動く。

SONY α7IIIを勢いでポチった男。購入理由は? / サンセットスタジオTV

決定打はこの方。沖縄のプロカメラマンで「サンセットスタジオ」代表の「ナカモトダイスケ」さんの動画。この方、写真や映像はもちろんですが、話し方がすごく好きなんですよね。

もうね、この3本+他にもα7IIIの動画を何本も見て、ここ数日は「欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい」と。正直ずっと欲しかったんですが、良くも悪くもα7IIIが人気すぎて、発売後はしばらく生産が追いつかず数ヶ月待ちも状態だったんですよね。

ですので、「どうせまだ入荷しないし」と思って平行線だったんですが、今なら「翌日出荷」なんです笑 もちろん発売から1年近くが経ったし、このα7IIIをきっかけに他のメーカーからもフルサイズのミラーレスが発表されまくったりと、いまは激戦状態なので以前のように「完売中で次回入荷まで3ヵ月です」とかにはならないと思います。

「コスパ最高」・「絶対買いのおすすめ」と言われたって高いよ

まぁ、とにかく僕自身α5100では正直スペック不足でしたので、何か上位機種のカメラは買わねばと考えていました。遅かれ早かれ買うことにはなっていたんですが、なにせ「高い」じゃないですか。

どれだけ「こんなスペックでこの値段?」とかYouTuberが言おうとも、25万ですよ。しかも本体だけで。

レンズが2、3万で変えるって言うならまだしも、SONYのレンズめちゃくちゃ高いからね。10万とか20万とかザラだし。

だから「あと一歩」踏み込めなかったんですよ笑 ビビりなので笑

今回もカートに入れて、住所やら何やら入力して、本当の最後の「注文確定」の前で10分ぐらいは悩んだからね笑

α7III欲しくなったでしょ?笑

いかがでしたか? カメラ欲しくなったでしょ?笑

例えば旅行に出かけて目の前に絶景が広がってたとします。「おー!すげー!」と思って思わずiPhoneでパシャり。

撮った写真を見てみて「あれ、なんかちょっと違う」みたいな経験ないですか?とくに夜景とか、星とか、滝とか、クラブの中とかね。

もっといろんなところに行って、いろんなものを見て、いろんなものを食べて、いろんな人に会って、いろんな話をして、いろんな経験をしたい。

そしてその記録を映像や写真として残したい。できれば高画質、高音質で。

もちろん仕事にもバリバリ活かすつもりですよ。ホームページ制作のご相談時に「写真も撮ってほしい」とご希望であれば、僕の腕でよければ撮らせていただきます。お気軽にご相談くださいね。

静岡東部でカメラ沼にハマってる方はぜひ仲良くしてください笑 それではまた。

YouTubeに動画アップしました。よかったらこっちも見てくださいね。

スポンサーリンク
お金をかけて制作するなら失敗したくないですよね?

ホームページで集客できない6つの失敗原因

  1. ホームページの目的(ゴール)を決めずに作ってしまう
  2. トップページの見た目のデザイン以外を見れていない
  3. 顧客のターゲット(ペルソナ)が決まっていない
  4. 自社の商品・サービスの魅力が分かっていない
  5. 作って満足してしまい、更新していない
  6. アクセス解析をしていない

「ホームページで集客できる・ライフスタイルを変えられる」ということは10年間という期間を経て身を以て実証してきましたが、それには時間もお金もかかりすぎました。これからホームページで集客して利益を上げていこうと考えているあなたにはこうなってほしくないと本気で思っています。

ですので、何度も何度も失敗して学んできた経験を出し惜しむことなく、100%出し切って制作、提案、サポートさせていただきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事