こんにちは。ライターKanaです。

イギリスの文化や物語が好きで、ロンドンまでシャーロックホームズを探す旅に行きました。オシャレで紳士の街ロンドンだからこそ出会えるシャーロックホームズの世界観。

そんな素敵な街をコーヒー片手にゆるりと散策すれば、気分はシャーロックホームズ! 今回は、世界中を魅了する物語とダンディなロンドンの大人の旅をご紹介します。

スポンサーリンク

シャーロックホームズとは

「シャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes) 」は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルが描いた推理小説の主人公です。主人公ホームズとルームシェアをしていたワトソンが次々に難問の事件を解決していく推理小説で、そのミステリアスな世界観が世のシャーロキアン(シャーロックホームズのファンの総称)に根深く愛され続けています。

今や小説だけでなく、ドラマ化や映画化もされており、その魅力に引き込まれるファンは世界中にいるといっても過言ではありません!

シャーロックホームズの小説シリーズ

コナンドイルが描いたシャーロックホームズシリーズはたくさんありますが、順番に読むとシリーズの背景がよく分かります。細かいところで繋がっていますが、順番通りでなくてもストーリー自体は1作品ごとに完結しているため問題ありません。

シャーロックホームズシリーズのおすすめ作品

1. 緋色(ひいろ)の研究

コナンドイルが書いたシャーロックホームズシリーズの初作品です! ホームズとワトソン博士の出会いから始まり、続々と発見される死体や様々な事件が繰り広げられる中で、ホームズの人並み外れた推理力が見どころ。この記念すべき初作品には、その先のストーリーに繋がる面白さと奥深さが表現されています。

2. 四つの署名

コナンドイルのシャーロックホームズシリーズの長編2作目。ベーカー街で出会った貴婦人をめぐり、不可解な出来事が続く。その謎が解けるカギは、“四つの署名"。ホームズの追跡劇と推理力が見どころです!

3. バスカヴィル家の犬

こちらはホームズファンの間でも人気の作品で、ホームズ作品の中でも最大の長編です。深夜、西部イングランドの名家バスカヴィル家で当主のチャールズ・バスカヴィル卿が死体が発見。

そこには 1つの伝説があり、「魔の犬」がいると言われており……そこから繰り広げられる推理力や洞察力が見どころです!

シャーロックホームズの海外TVドラマ

イギリスのBBCが制作したテレビドラマ「シャーロック」。2010年7月から放送されており、日本でも日本語吹き替え版シャーロックが放送されています。

小説とは違う雰囲気が醸し出すドラマ版シャーロックは現代風とも言われており、「現代で事件が起きたら?」を連想させる推理ドラマです。

特にイギリスではシャーロックホームズの人気から、ホームズやワトソン役の俳優も注目されました。

シャーロックホームズの映画

これまでシャーロックホームズが登場する映画は200本以上とされています。1番最新の映画がイギリスでは2015年、日本では2016年に公開された『Mr. ホームズ 名探偵最後の事件』。

主演は『ロード・オブ・ザ・リング』の名優イアン・マッケラン。これまでにないシャーロックホームズを見る事ができます。

日本人の真田広之が出演しているのも見どころです!

シャーロックホームズを探す旅

シャーロックホームズは、架空の人物でありながらイギリスでは実在したかのように感じるスポットが多く存在します。駅やカフェなど、人々が日常で生活する中に「もしかして……」と思ってしまうそんなスポットをご紹介します。

イギリス国民から世界中から愛された小説だからこそ、「もしかして……」と想像した世界が実在し、それを目にすることが出来ると嬉しいですね。

ベーカーストリート駅


ベーカーストリート駅内にはホームズが散りばめられています! 壁やタイルにホームズがいたり、駅名も「BAKER STREET」でホームズファンにはたまらない駅ですね。

ベーカーストリート221番地


「221B Baker Street」は、 シャーロックホームズが住んでいたとされる住所で、以前は実在していない住所でしたが、ベーカー街と他の街の合併で番地が増えたことで221Bが実在するようになりました。

シャーロックホームズ博物館


シャーロックホームズ博物館には、ホームズが使っていたとイメージさせる書斎やベッドが展示されています。居間では帽子やパイプなど小道具も置いてあり、それを使って写真撮影をすることができます。

ホームズファンならホームズになりきって写真撮影するのもいいですね! 1階ではここでしか買えない物が販売されているので、ぜひチェックしてみましょう。

スピーディーズカフェ


イギリスのBBCドラマ『SHERLOCK』の撮影で使われたカフェで、ドラマの中でシャーロックとワトソンが度々訪れていたことで有名に! 真っ赤な屋根が印象的で、シャーロックファンなら誰もが憧れるカフェになっています。

シャーロックホームズパブ


こちらはシャーロックホームズファン一押しのパブ! 「もしこの時代にホームズやワトソンがいたら……」、「もしかするとここでお酒を飲んでいたかも……」そう思わずにはいられない何ともホームズを感じるお洒落なパブです。

また、2階にはホームズの部屋が再現されているので、こちらもチェックしてみてください。この素敵なパブで、英国の旅を彩る一杯はいかがでしょうか。

パークプラザ シャーロックホームズ ロンドン(ホテル)


シャーロックホームズファンなら一度は泊まってみたいホテル、それが「パークプラザ シャーロックホームズ ロンドン」。ベーカーストリートにあるブティックタイプのホテルで、歴史を感じる英国さ溢れる建物です。

ベーカーストリート駅やシャーロックホームズ博物館にも近く、観光にとてもおすすめのホテルです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気分はもうシャーロックホームズ! なりきってロンドンを訪れるのもいいですね。

ロンドンを訪れる際は、ぜひ今回ご紹介したスポットに足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事