ヒップホップ数珠繋ぎは、Dandyism Online編集長で元DJの銀河がおすすめの音楽を気まぐれで紹介するコーナーです。「温故知新」をキーワードにサンプリングの元ネタ、ヒップホップの歴史や文化を発信していきます。

今回はTom Tom Clubのシングル『Genius of Love』です。関連楽曲なんかも合わせて紹介しているので、お気に入りの楽曲、元ネタやサンプリングの経緯、ヒップホップの歴史や文化に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

Genius of Love / Tom Tom Club

楽曲詳細

タイトル Genius of Love
アーティスト Tom Tom Club
プロデュース Chris Frantz / Steve Stanley / Tina Weymouth
収録アルバム Tom Tom Club
リリース年 1981

レビューと解説

Tom Tom Club(トム・トム・クラブ)はアメリカのロックバンドTalking Heads(トーキング・ヘッズ)のメンバーで、ドラムのChris Frantz(クリス・フランツ)とベースのTina Weymouth(ティナ・ウェイマス)夫妻による、分家的なサイドプロジェクトバンドです。

ちなみにトム・トム・クラブとはトーキング・ヘッズがよく利用していたバハマ諸島にあるCompass Point Studios(コンパス・ポイント・スタジオ)に併設するリハーサル施設の名前だそうです。日本では米米クラブの名前の由来になったとも言われています。

本曲『Genius of Love』はそんな彼らの1stアルバムに収録された人気曲です。邦題『おしゃべり魔女』として日本でも人気となり、2009年にはSONY(ソニー)のPSP(プレイステーション・ポータブル)のCMにも使用されています。

覚えてる人いるかな?

ヒップホップ界でも非常にたくさんの楽曲にサンプリングされ、有名曲の元ネタとしても知っておくべき楽曲の1つと言えるでしょう。激キャッチーでキュートな1曲は全ミュージックファンにオススメです。

関連作品

Genius Of Loveが収録されているアルバム

Tom Tom Club / Tom Tom Club

トラックリスト
  1. Wordy Rappinghood
  2. Genius Of Love
  3. Tom Tom Theme
  4. L'Elephant
  5. As Above, So Below
  6. Lorelei
  7. On, On, On, On...
  8. Booming And Zooming
  9. Under The Boardwalk
  10. Lorelei (Remix)
  11. Wordy Rappinghood (Remix)
  12. Genius Of Love (Long Ver.)

サンプリングされた曲

Fantasy (Remix) / Mariah Carey feat. Ol' Dirty Bastard

5thアルバム『Daydream』からの1stシングル。この時登場したBillboardのシングルチャートは、史上初の女性歌手による初登場1位を獲得し、その後も8週連続1位を記録しました。また、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのチャートでも1位を獲得しています。

Return Of The Mack / Mark Morrison

What's Love Got to Do With It / Warren G feat. Adina Howard

Johnny B / Down Low

Niggaz Trippin' / 2nd II None feat. AMG, DJ Quik & Hi-C

County Jail / Malow Mac feat. Mr. Capone-E

銀河への相談や質問はこちらから

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事