【10分でできる】レンタルサーバーの契約と独自ドメインの取得方法

こんにちは。代表の銀河です。

ホームページ、ブログを運営するにあたって必要となるレンタルサーバーと独自ドメイン。これらの契約や取得は聞きなれない言葉のせいか

  • 難しそう
  • 敷居が高い
  • よくわからない

と思われがちです。なので「そこもまとめてお願い」というクライアント様も少なくありません。

ですが、制作会社によっては5,000円から1万円ほどの取得代行費用が請求されますし、実際にやってみるとなんてことはありません。今回、僕も実際に新規でエックスサーバーを契約して独自ドメインを取得してみました。

細かく説明しておりますのでこの画面通りに進めてもらえれば無事に取得できるはずです。

スポンサーリンク

【15分で終わる】エックスサーバーの契約と独自ドメインの取得手順3ステップ(動画)

▲ブログだとわかりにくいと言う方。動画による説明をYouTubeにアップしてあります。

レンタルサーバー会社はいくつかありますが、僕がこの10年間ほどのキャリアの中で得たひとつの答えとして「エックスサーバーを使っておけば間違いない」というものがあります。今回エックスサーバーのオススメポイントやメリットデメリットについては割愛しますが、エックスサーバーを契約する前提としてお話を進めさせていただきます。

サーバーやドメインを自社で契約したほうがいい理由

まずはじめに、そもそもなぜサーバーとドメインを自社で契約、取得する必要があるのかということについてご説明します。ホームページを新規で制作するにあたって必ずこのふたつは必要になりますが、まずクライアント様でご用意していただき、そこからこちらが制作を進めていくというかたちになります。

この「クライアント様でご用意していただく」という点についてですが、実際ここは制作会社にもよると思います。ですが僕の制作ではご用意していただいております。

その理由として

  • 僕自身の身に何かが起こった場合、あなたのサイトにご迷惑がかかるおそれがある。
  • 僕から他の制作会社やデザイナーに契約を移行するときにもスムーズ
  • 僕がもしも「この仕事をやめる」となった場合(当然考えてもいませんが)も同様
  • 過去に支払いを渋ったクライアント様がいて困った

というものが挙げられます。後半ふたつはこちらの都合なので別として、もっとも大きな理由は最初の「僕自身の身に何かが起こった場合、あなたのサイトにご迷惑がかかるおそれがある。」です。

僕が病気になったり、怪我して入院したり、サーバー代を支払わなかったり、死んだりした場合、関係ないところであなたにご迷惑をかけてしまうかもしれません。僕はフリーランスの個人事業主なので会社組織のように代わりがいません。

起業して間もない頃は代行していましたが、上記の理由から新規のクライアント様にはご自身でご用意していただいております。ですが、もちろん「とりあえずそのふたつ用意して。調べればわかるはずだから」なんて言うつもりはありませんので、どうしてもわからなければご連絡いただければ、そちらまで出向いて取得まで一緒にお手伝いいたします。

エックスサーバーの新規申込み手順の図解

それでは実際に申込みの作業を進めていきましょう。具体的な手順は3ステップ。

  1. 契約者情報の入力
  2. 電話認証
  3. 支払い方法の設定

です。難しくありませんのでゆっくりと確実に進めていってください。

th-xserver-entry-1

エックスサーバーのトップページから【サーバー無料お試し10日間「お申し込みはこちら」】をクリックします。

th-xserver-entry-2

▲お申し込みフォームのページが開きます。今回は初めての方を前提にしていますので、「エックスサーバー会員IDを持っていない」の【新規お申込み 10日間無料お試し】をクリックします。

1. あなたの契約者情報を入力する

あなたの情報を上から順に入力していきます。

契約内容

サーバーID(初期ドメイン) 好きな文字列でOK
プラン X10プランを選択

ここに注意

すでに誰かに使用されているIDは使用できません。

会員情報

メールアドレス メールアドレスを入力
メールアドレス(確認) 確認用に再度メールアドレスを入力
登録区分 事業形態に合わせて選択
名前(法人の場合は担当者) 氏名を入力
名前(フリガナ) 氏名のフリガナを入力
郵便番号 郵便番号を入力
住所(都道府県、市区町村) 都道府県、市区町村を入力
住所(町域、丁目・番地) 続きを入力
住所(建物名) ビルやマンション、アパート名等を入力
電話番号 電話番号を入力
インフォメーションメールの配信 チェックはどちらでもOK

▲入力項目を正しく入力し、利用規約と個人情報の取り扱いについてを読んでください。読み終えたら【「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意する】にチェックを入れ、【お申込み内容の確認】をクリックします。

▲入力内容にお間違いがないか、再度ご確認ください。間違いなければ、次のステップで電話を使いますのでお手元に電話を用意し、【SMS認証・電話認証をする】をクリックします。

2. 電話で契約の認証を行う

th-xserver-entry-7

  1. 【認証コードを受信する電話番号を入力する】には先ほど入力した電話番号が自動で入力されているはずです。
  2. 【認証コードの受信方法を選択する】は、スマホや携帯電話の場合はSMS、固定電話の場合は音声電話を選択すればOKです。

今回はテキストメッセージを例にします。選択したら【認証コードを受信する】をクリックします。

th-xserver-entry-8

▲入力した電話番号宛にSMSで認証コードが届くので、入力して【認証する】をクリックします。

th-xserver-entry-9

▲【サーバーの新規お申し込みを受付いたしました。】と表示され、申し込み完了です。

3. 料金の支払い方法を登録する

▲すぐにエックスサーバーからアカウント開設の案内メールが届きます。メール中盤に「インフォパネル」へのログイン情報である

  • 会員ID
  • パスワード
  • インフォパネルへのURL

が記載されていますので、確認してURLをクリックします。

▲インフォパネルへのログインフォームページが開きますので、メールに記載されている会員IDとパスワードをコピペし、【ログイン】をクリックします。

th-xserver-entry-12

▲インフォパネルにログインできたら、サイドメニューの「決済関連」から【料金のお支払い / 請求書発行】をクリックします。

▲「サーバー」の項目に契約IDが表示されています。左のチェック欄をクリックしてチェックを入れ、【お支払い方法を選択する】をクリックします。契約期間は任意のものをお選びください。

▲支払い方法を選択します。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ペイジー

から選べます。今回はクレジットカードを例にご説明します。

▲クレジットカード情報を入力し、【カードでのお支払い(確認)】をクリックします。

▲表示内容にお間違いがないか確認してください。間違いなければ【カードでのお支払い(確定)】をクリックします。

▲【料金のお支払いが完了しました。】と表示されれば決済完了です。これでレンタルサーバーの契約が完了しました。

【無料キャンペーン】エックスドメインを使用した独自ドメインの取得方法

エックスサーバーは執筆時(2019年5月29日)現在、新規でサーバーを契約すると系列のエックスドメインで独自ドメインが取得費、更新費ともに無料となるキャンペーンをやっています。大変お得なキャンペーンなのでこの機会にドメインも取得しておきましょう。

 

ここに注意

ちなみにエックスドメインだけでなく、大手のお名前.comやムームードメインなどでも、度々ドメインの取得費が割安となるキャンペーンが行われていますが、取得費用が1円でも以降の維持費は年間5,000円といったドメインもあるので気をつけてください。
僕の運営する『 Dandyism Online 』では「 dandyism.online 」でドメインを取得しました。同じように99円のセール価格で取得したと記憶していますが、あとで見てみたら年間維持費4,880円(税抜)でした。

インフォパネルにログイン

th-xserver-entry-18

▲エックスサーバーのインフォパネルにログインし、「各種お手続き」の項目から【キャンペーンドメイン】をクリックします。

▲「利用規約」と「個人情報の取り扱いについて」を読み、【同意する】をクリックします。

▲キャンペーンドメイン申請のページが開いたら希望するドメインを入力し、「適用方法」を「新規取得」にして【ドメイン検索】をクリックします。

▲希望したドメインが取得可能な場合は上記のページが開きます。すでに誰かが取得済みである場合は赤文字でエラーが出ますので、そのときは別のドメインを入力してください。

▲【キャンペーンドメインの取得を完了しました。】と表示されればドメインの取得が完了です。

サーバーとドメインの紐付け

最後に契約したサーバー内で取得したドメインを使用するための紐付けを行います。こちらもすぐに終わりますので以下の手順で作業を進めてください。

インフォパネルにログイン

▲インフォパネルにログインし、「サーバー」の項目から【サーバー管理】をクリックします。

サーバーパネルにログイン

th-xserver-entry-24

▲サーバーパネルにログインしたらページ左上の「ドメイン」の項目から【ドメイン設定】をクリックします。

▲ドメイン設定のページが開いたら【ドメイン設定追加】のタブをクリックします。

th-xserver-entry-26

  • 無料独自SSLを利用する(推奨)
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)

の両方にチェックを入れ、【確認画面へ進む】をクリックします。

▲入力情報を確認し、【追加する】をクリックします。

▲これでサーバーとドメインの紐付けが完了です。「反映待ち」となっていますが、数分から数時間で自動的に反映されます。

ホームページ制作用の土台が揃いました

以上でレンタルサーバーの契約と独自ドメインの取得が完了いたしました。ご協力ありがとうございます。

ここからWordPressをインストールして具体的なサイト制作がはじまっていきます。ホームページを作るのってワクワクしますよね。

是非とも末長くホームページ、ブログを運営し、結果につなげていただきたいと思います。それまで全力でサポートいたしますので、ご不明な点やご要望等なんなりとお申し付けください。

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた。

    スポンサーリンク
    お金をかけて制作するなら失敗したくないですよね?

    ホームページで集客できない6つの失敗原因

    1. ホームページの目的(ゴール)を決めずに作ってしまう
    2. トップページの見た目のデザイン以外を見れていない
    3. 顧客のターゲット(ペルソナ)が決まっていない
    4. 自社の商品・サービスの魅力が分かっていない
    5. 作って満足してしまい、更新していない
    6. アクセス解析をしていない

    「ホームページで集客できる・ライフスタイルを変えられる」ということは10年間という期間を経て身を以て実証してきましたが、それには時間もお金もかかりすぎました。これからホームページで集客して利益を上げていこうと考えているあなたにはこうなってほしくないと本気で思っています。

    ですので、何度も何度も失敗して学んできた経験を出し惜しむことなく、100%出し切って制作、提案、サポートさせていただきます。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめ記事