ブログ書く時間が全然ないんですよねー。

これはブログを書いていると本当にによく聞く悩みだ。うんうん、すごくよくわかる。

僕も1記事書くのに数時間、ひどい時は半日以上かかる時だってあるしね。じゃあその時間を仮に5時間としようか。

その5時間のうち、なにに何時間かかっているかは把握しているかな? ちなみに今回のこの記事は、その5時間が「ブラインドタッチでバチバチとキーボードを叩き続けた時間」の人には無益だ。

だけど、調べ物したり、そもそも「何について書こうかなー」から始めてたり、「あ、あのサイトなんだったっけ。いい情報書いてあったんだよなー」なんてことも5時間に含まれている人なら、その時間を劇的に減らすことができる。

「お、今日はもう1記事書いたのにまだこんな時間じゃん。たまにはゆっくり晩酌でもしよー」

そんな未来を提供しよう。ではいくぞ。

スポンサーリンク

ブログの記事ネタ管理で悩んでませんか?

さっきも言ったけど「ブログを書くのに費やす時間」は書いている時間だけじゃない。そもそもタイピングスピードが遅かったり、あれこれ調べ物したり、記事の書き出しで悩んだり、ネタで困ったり……。

せっかくデスクに向かっても知らず知らずのうちに数時間が経過し、「あれ、もうこんな時間。結局ネットサーフィンして終わっちゃったなー」なんてことにもなりかねない。そうなるとさらに

  • 記事数伸びない
  • アクセス増えない
  • 結果でない(稼げない)
  • モチベーション上がらない
  • ブログ辞めちゃう

という悪循環に陥る可能性も考えられる。キミらにはイケてるビジネスマンになってもらいたいのだ。

そのためにはブログを使いこなしていただく必要がある。だから僕は今回、最強のネタ管理法を伝授することにした。

最強のネタ帳を作りたくば何も考えずにTrello(トレロ)を使え

「ブログ書く時間が全然ないんですよねー」とお悩みなので、結論から言おう。

『Trello(トレロ)』という完全無料のWEBサービスでアカウントを作り、ブログの記事ネタに関する情報はすべてそれにブッこめ。

以上だ。だけど、これだけだと「trello 使い方」とかでググってまた泥沼の検索ループにハマるだろうから、「ブログの記事ネタ帳としての使い方」をお伝えしていく。

「おー! これならこういう使い方もできるんじゃね?」的なアイデアも浮かぶだろうが、いまは余計なことは考えずにこの作業にだけ集中するんだ。ただし、大切なアイデアはメモっておくんだぞ。

なぜTrelloなのか?他のツールとの比較

そもそもトレロ自体はタスク管理ツールだ。そしてこのタスク管理をWEBやアプリで行うなら、ものすごい数の選択肢があることになる。

  • エクセルやスプレッドシート
  • ToDoリスト系のタスク管理ツール
  • Evernoteなどのメモアプリ
  • カレンダー等のスケジュールツール
  • MindMeisterなどのマインドマップツール

これらのものでもタスク管理はできる。それと同時に当然、ブログの記事ネタリストとしても管理できる。

むしろそうやって管理している人もいるだろう。それはそれだ。

1つ余談だが、僕はこの記事で決して「Trello使わないやつ情弱」とか言いたいわけじゃない。どんなツールで管理しようともそれが、その人にとって1番効率がいいならそれでいい。

何度も言うが僕は記事を通してキミらを「検索の泥沼ループ」から抜け出させたいだけだ。すでに答えが出ている人は構わずそのまま進め。

では僕がトレロを推す理由を簡潔に説明しよう。ただし、初心者には若干難しい単語も入るぞ。

記事ネタの管理はもちろん、公開した記事の区別、モチベーションを上げるカラフルで直感的なUI、参考記事や公式サイトのURLもまとめられる機能、そして記事の見出しまでもマークダウンでメモして準備が整ったら本番環境に移して記事執筆ができるからだ。

わからないよね?

そう言うと思ったので、これから具体的な使い方を説明していこう。

ブログのネタ帳としてのトレロの使い方

まずはTrelloのサイトにアクセスしてダッシュボードを開く。アカウントを持っていなければすぐに作ろう。

もちろん利用料はいっさいかからないから安心してね。登録方法やTrelloそのものの説明や使い方は省くぞ。

ダッシュボードを開いたら【新しいボードを作成】をクリックして「ボード」と呼ばれるものを作成する。

  • ボードタイトル:記事ネタ帳
  • チームなし
  • 非公開

でOK。できたかな?

「リスト」にはブログのジャンル・カテゴリーを設定

▲「記事ネタ帳」のボードを開いたら【リストを追加】をクリック

▲リストにはブログのカテゴリー(ジャンル)を設定するのがおすすめ。隣【+もう1つリストを追加】をクリックしてカテゴリーを追加していこう

▲始めのうちは雑記でもいいけどできれば大きなカテゴリーは5つぐらいまで絞れるといいかな

▲最後に【公開済】のリストを作っておこう。すべての記事をここに集めていくのが目標だよ

「カード」に記事ネタを思いつくがままに入れる

▲ここまで書いて「カテゴリー1」みたいな表記はわかりにくいかと思って書き直した。例えばだけどこんな感じね。

カテゴリーを入れ終えたらそれぞれのリストの中の【+カードを追加】をクリック

▲この「カード」が記事ネタになるよ。タイトルのイメージだけど、ブログの記事タイトルは最後につけることがおすすめだからざっくりと記事内容がわかる程度でOK。

▲思いつくがままに記事ネタをブッこんでおこう。こうすることでキミは思いついた記事ネタを忘れてもOKになったのだ。

=脳内のキャパが増えたんだよ。

で、さらに細かなメモをとれるのがトレロのいいところ。1つの記事テーマのカードをクリックしてみて

参考URLも画像もアイデアも全部つっこむ

▲こんなかんじのウインドウが開くから【コメント】欄をクリック。ここにあらゆるメモを追加していくのだ

▲例えば、このように記事を書くにあたって細かく調べ物をして情報の信ぴょう性を確かめたりするよね? そのさいに有益な記事を見つける度にブックマークしてたら、ごちゃごちゃになっちゃう。

かと言って何もしなかったら、再び記事を書く時「あれ、この記事じゃなかったけかな……あれ、なんて調べたんだけ?」とかになりかねません。

▲だからURLをコピペしておく

▲こんな感じでハイパーリンクにもなるし、いつでも簡単に開いて確認できる

▲思いついたアイデアも

▲画像や音声、動画ファイルをアップロードしておくこともできるし、参考記事のURLも複数同時に入れておくことだってできる。

このあたりはエクセルなんかでもできるけど、表が大きくなっていったり、入力欄を増やしたりしなきゃならなかったりと結構面倒。

それならマインドマイスターのようなマインドマップツールの方が便利だけど……次の項で教えるやつができないんだなー

真骨頂!マークダウンで見出しを作ってWordPressにコピペ

これ。これができるからトレロは素晴らしい。

さっき記事タイトルは最後につけろと言ったように記事を書くには推奨する順番がある。それは以前に「書き方がわからない?初心者がマジで意識すべき8つのWEBライティング術」という記事でも書いたように

  1. 1. 記事のテーマを「1つだけ」決める
  2. 記事の仮タイトルをつける
  3. 記事の小見出しをつける
  4. 本文を書く
  5. 締めの文を書く
  6. 序文を書く
  7. タイトルを決定する
  8. アイキャッチを設定する

というテンプレだ。②にある仮タイトルはトレロのカードのタイトルでいい。

そして③の小見出し。これを先につけないと話が脱線するし、思いつくがままに書くから日記のような記事になってしまう。

なので見出しを先につけてから、中身を書くことを推奨しているわけだが、この見出しをトレロで管理するとめちゃくちゃはかどる。若干聞きなれない言葉が出てくるが難しくないので、これは是非とも試してみてほしい。

▲まずトレロの先ほどの「コメント」ではなく、【詳細説明】の欄に見出しを作っていく。普通に見出しを作って保存すると当然このようになるよね。

だが、ここでマークダウンというちょっと特殊な技法を使う。よくわからないだろうから、マークダウンとはブログを書くのに時短できるちょっとした小技だと覚えておけばOKだ。

マークダウン技法は色々あるけど、特に便利なのは見出しの表記。通常キミたちはWordPressのビジュアルエディタでブログを書いていると思う。

で、ビジュアルエディタでの見出しの付け方といえば

見出しのテキスト入力→【段落】をクリック→【見出し2】を選択

という手順を踏んでいるよね。つまり僕の言うとおりに見出しを先に作った場合、上の作業を見出しの数だけ繰り返すことになる。

これはぶっちゃけ面倒だしスマートじゃない。だからマークダウンを使う。

▲マークダウンの場合見出しは【#(半角シャープ)】の数で表現する。つまり

  • #:見出し1=h1
  • ##:見出し2=h2
  • ###:見出し3=h3
  • 以下6まで同じ

ということだ。さすがに######とかは若干面倒だが、まぁブログの場合、基本的に使う見出しは2と3、細かく使っても4までがほとんどだろうから問題ないかな。

そもそも「見出しって何?」の人は先に「見出しタグって何?WordPress初心者が絶対に知っておくべきh1〜h6の正しい使い方と注意点」を読んでおいてほしい。

注意

マークダウンは【#(半角シャープ】+半角スペースが必要! シャープの後ろに半角スペースを忘れずに入れよう


▲トレロ自体もマークダウンに対応しているので、保存した途端、文字サイズが自動で最適化される。出先や隙間時間など、記事を書くようなまとまった時間はないけど、多少の調べ物やメモ程度ができるといった場合などに積極的に見出しを作っておこう。

で、出来上がった見出しをコピーしてWordPressの【ビジュアルエディタ】にコピペすると……

▲こうなる。ここまでの一連の作業がすべてできるのはトレロだけだ。

だから僕はトレロを推す。

ブログ書くのに時間かかるなら他を削るしかないだろ

ここまで読んでくれた人にはトレロの便利さが伝わったと思う。だけど、僕は別に「トレロが便利だよ」と伝えたいわけじゃない。

「作業の効率化と簡潔さにもっと貪欲になれ」

ってこと。記事を書く時間がないのなら、書く以外に浪費している時間を短縮化して時間を増やすしかないでしょ。

ちなみに記事は一筆書きが基本だ。こまめに下書き保存してコツコツ書いていく方法はオススメしない。

だから5時間という時間がとれるなら「書くだけ」に集中できるよう、記事ネタ決め、下調べ、見出し作りなんかは隙間時間に終わらせておこう。この作業はコツコツできる。

5時間のうちの大半を占めていた余計な部分はこれでカットできたはずだ。出先でもSNSを見た時でも雑誌や書籍を読んだ時でもYouTubeを見た時でも、記事ネタになりそうなものはトレロに放り込んで記事ネタにしろ。

カードに追加して記事テーマにしたり、見出しにしたり、書いてる途中で別記事に分割したり、あらゆる作業をトレロで行なって見出しができたら記事にする。見出し(記事のアウトライン)が完成した時点で記事を書きたくてしょうがなくなるはずだよ。

その時は完成イメージができてるはずだからね。だから記事執筆もはかどる。

さぁ、どんどん記事を書いていこう。トレロの使い方についてわからなければお気軽に質問してくださいな。

銀河へのお問い合わせや質問はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事