やぁ、今日もお疲れ様。

サキさん
銀河せんぱい質問です!記事内に、回遊のために別記事のリンクを貼ろうとしているのですが、その別記事のサムネイルも見えるような、いい感じな記事の貼り方ってありますでしょうか?

と質問を受けたので、今回はみんなにもブログの記事中に別記事のリンクをサムネイル付きでイイ感じに表示させる方法を教えるよ。色々と方法はあるんだけど、1番簡単なプラグインを使うやり方でご説明しよう。

ではいくぞ。

スポンサーリンク

通称「ブログカード」を表示する3つの方法

まずこの“別記事のサムネイルも見えるような、いい感じな記事の貼り方”はブログカードと呼ぶ。この単語を知らなかった場合は、以降これについて何か調べるときに役立つので覚えておこう。

もともとは「はてなぶろぐ」で生まれた機能だったと思ったけど、おしゃれでいい感じだからWordPressにも流用する人が増えたんだね。このブログカードを自分のブログ記事内に表示させる方法は大きく分けて以下の3つだ。

ブログカードの使い方(オススメ順)
  1. ブログカード機能の備わっているテーマを使う
  2. WordPressのプラグインを使う
  3. WEBツールを使う

順に説明しよう。

1. ブログカード機能の備わっているテーマを使う

最近の流行りということもあって、このブログカード機能は国産の有料テーマであればほとんどのテーマに備わっているとはず。無料テーマでも僕のオススメする『Cocon』や『Sentry』なんかにはその機能があるよ。

ただし、今回の質問者であるサキさんの使用しているのはTCDの『Bloom』。現状ではTCDのテーマにはブログカード機能は備わっていない。

なので残念ながらTCDテーマをご使用の場合はこの方法は使えないということになる。

2. プラグイン『Pz-LinkCard』の使い方

このプラグインを使えば非常に簡単に自身の記事内にブログカードを表示させることができるよ。使い方は非常に簡単。

▲ダッシュボードからプラグイン → 新規追加 → Pz-LinkCard と検索してインストール&有効化

▲記事投稿ページに上記のアイコンが表示されているはずなのでクリック

▲表示されたウインドウにリンクさせたい記事のURLをコピペ

▲ほらできた。

細かな設定やデザインは、ダッシュボードから設定 → Pzカード設定 で変更することができるよ。詳しくは開発者の公式記事がわかりやすい。

3. WEBツール「ShareHtmlを、もっと綺麗にしたメーカー」を使う

ここからは余談だけどWEBツールを使うという手もある。ブラウザからShareHtmlを、もっと綺麗にしたメーカーのサイトにアクセスしてURL入れるだけ。

表示されたHTMLコードをコピペするだけなんだけど、WordPressのテキストエディタを使う上に、CSSコードもブログのテーマに記述しておく必要がある。なので結局はそれなら上のプラグインを使った方がわかりやすいし早いし簡単だ。

SEO的にはテキストリンクの方が評価がいいという話

ブログカードは見た目がイケてるからおしゃれだ。クリック率も上がるという話もあるが、読者が慣れていないと画像に見えたりして別記事へのリンクだと認識されない=クリック率下がるという話もある。

僕は検証していないのではっきりとは言えないけど、ターゲットによるんじゃないかな。記事リンクの貼り方は、このブログカードをはじめ、他にもいくつかあるけど、SEO的にはやっぱりテキストリンクが1番だ。

▲ブログカード

ただし、テキストリンクと言っても、

WordPress初心者向けの記事はこちら

のような書き方はNGだ。「こちら」ではその先がどんなページなのかわからないよね?

なので、

WordPressをこれから始めるという人は、まずは僕のマニュアル記事「WordPress歴10年、これまで20サイト以上作った俺がまとめる最強最速のブログ開設手順」を読んで欲しい。

といったように書く方がいい。ちなみに僕の場合は記事リンクを色付きの枠で囲ったりしている。

こんな感じね。まぁ、テキストリンクがSEO的に有利だと言っても、実際にどの程度の影響があるのかわからないし、ブログカードが悪いとか良いとかっていう話でもないと思う。

簡単にできるし、見た目はイケてるし、記事を書くためのモチベーションアップのためにもブログカードは使ってみるといいよ。サキさんに限らずブログについて何かわからないことがあれば遠慮なくお問い合わせを(公開記事にするけど)

お問い合わせや質問はこちらからお気軽に

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事